ダイエットコラム
話題のダイエット エクササイズ編
有酸素運動でやせる仕組み
ダイエットの定番、有酸素運動。有酸素運動でどうして痩せられるのかというと、有酸素運動は脂肪を燃焼させる働きが大きいからです。体がエネルギーを必要とするとき、まずは血液中の糖質をエネルギーとして燃やします。そして、血液中のエネルギーを燃焼させた後は、今度は肝臓や筋肉に蓄えられている糖質を燃やします。肝臓や筋肉に蓄えられている糖質を燃やし終わってはじめて、脂肪を燃焼できるようになります。このような過程を踏むため、脂肪を燃焼させるにはかなりの時間と運動量が必要となるのです。その点、有酸素運動であれば、効率的にエネルギーをも燃やすことができるのです。
ウォーキング
ウォーキングには、内臓についた脂肪や皮下脂肪を効率よく燃焼させる効果があります。脂肪を燃焼させるためには、大量の酸素が必要です。酸素を効率的に取り込むことのできる有酸素運動の代表格がウォーキングなのです。ダイエットをしたいと考える人の多くは「運動をしなくちゃ」と思うもの。ですが、いざ運動をするとなると時間が取れなかったり面倒になってしまったりしがちです。でも、ウォーキングであれば、通勤や通学の時間を利用して簡単に始めることができます。神戸では電車通学や電車通勤の方も多いでしょうから、その時間を運動時間に替えてみましょう。
ジョギング
ウォーキングで体を動かすことに慣れたら、今度はジョギングにチャレンジしてみましょう。ジョギングは、ウォーキングと同様に有酸素運動の一つで、ウォーキングよりもさらに効率的に酸素を身体に取り入れられるものです。最初はゆっくり自分のペースで、走れる距離からはじめてみましょう。無理をするのはよくありません。近年のジョギングブームで、無理をしすぎてかえって体を壊してしまう人も増えているのです。自分の体と相談しながら、少しずつ長い距離を走れるようにしていくのがベストです。
今注目のエクササイズはこれ!
スピニング
スピニングとは、屋内でできるバイクエクササイズのことです。よくジムやトレーニング施設などで目にするサイクリングマシンを使った運動です。ペダルに負荷をかけてこぐ力を調節します。スピニングも有酸素運動の一つです。
マシンが必要となるので自宅で自分で行うことはできませんが、有酸素運動としては非常に効果が高く、ダイエットには最適です。ケガのリスクが少ないのもスピニングのメリットだといえるでしょう。
フラフープ
フラフープといえば、子供のころ流行った遊びというイメージを持っている人が多いのではないでしょうか。
ここでご紹介するフラフープは、まさにあのフラフープのことです。子供の頃は無邪気に回して遊んでいたものですが、実はフラフープは全身を使う有酸素運動なのです。10分間で約100キロカロリーを消費することができ、ダイエットには最適です。ダイエットのためにフラフープをやってみると、意外にも全身をくまなく使う運動だということがわかるでしょう。また、フラフープをすると、お腹まわりの普段は使わない筋肉を鍛えることができるため、ウエスト周りを引き締めたい人にはぴったり。そして、ウエスト周りの脂肪組織へのマッサージ効果も期待できます。
ダイエットに『よく効く』おすすめ美容外科in神戸
美容外科を選ぶポイント
美容外科でダイエット 体験談
美容プチコラム
ダイエットをするときに、炭水化物を抜くという方法を選択する人がいます。一時期、炭水化物抜きダイエットというのが大流行し、その効果はたしかに高いとされていました。でも、炭水化物を抜くと、エネルギー不足になってしまい、疲れやすくなったり体力がなくなったりしてしまうことも。ダイエットに効果があってもそれではあまり意味がありません。健康的に痩せたいのであれば、炭水化物を抜くのではなく、パンをやめるといいでしょう。パンは糖質や脂質が高いのでダイエットには不向きです。その代わり、炭水化物の代表格であるお米を食べましょう。「え?」と思われるかもしれませんが、お米は脂肪分が低く、体の代謝を上げてくれる食品。ダイエットの敵であるどころか、むしろダイエットの味方ともいえるものなのです。何より、お米は腹持ちがいいので、少量をよく噛んで食べることで空腹感を感じずに済みます。ダイエットを考えるなら、お米を上手に摂取しましょう。