美容外科でできるダイエットって?
脂肪吸引 メリットデメリット
神戸の美容外科で広く行われているダイエット施術の一つ、脂肪吸引。脂肪吸引は、ダイエットには高い効果を発揮しますが、それぞれのメリットやデメリットをきちんと知った上で施術を受けるようにしましょう。ここでは、脂肪吸引のメリットやデメリットをご紹介します。
脂肪吸引で痩せるメリット
脂肪吸引のメリットは、なんといっても「何もしなくてもダイエットできる」ということでしょう。自分でダイエットをする際には、食事制限や運動などでストレスを感じたり大変な思いをすることがありますが、脂肪吸引の場合には麻酔で眠っている間に施術が終了し、術後すぐにその効果を実感できます。もう一つのメリットは、リバウンドが起こりにくいということです。自己流のダイエットの大敵・リバウンドですが、脂肪吸引であればそのリスクがほとんどないのです。

なぜなら、脂肪吸引では、脂肪細胞そのものを除去することができるからです。食事制限や運動では、脂肪細胞を小さくすることはできますが、完全になくすことは不可能です。そのため、一時的に脂肪細胞が小さくなって痩せられても、また脂肪細胞が元の大きさに戻ったり、さらに大きくなってしまうこともあるのです。その点、脂肪吸引で脂肪細胞を完全になくしてしまえば、再びその脂肪細胞が体を太らせる心配はなくなります。また、脂肪吸引では、確実な効果が期待できるという点もメリットの一つです。

皮下脂肪は自分では落としづらいものですが、脂肪吸引であれば確実の除去することができます。多くの人が気になる二の腕やウエスト、太ももなどの皮下脂肪も確実に落とすことが可能です。理想とするボディラインをメイクできるのも、脂肪吸引だからこそです。
脂肪吸引で痩せるデメリット
脂肪吸引は、究極のダイエット法ともいわれており、確実で効果的なダイエットが可能です。しかし、その分、やはりデメリットもあります。脂肪吸引の施術を受ける前には、リスクやデメリットのこともきちんと知っておくことが大切です。
まず、脂肪吸引のデメリットの1つが身体に少なからず負担がかかるということです。現在では昔に比べて安全な吸引技術が確立されてはいますが、それでもやはり身体には負担があります。施術の際には麻酔を使用しますので、麻酔によるリスクも考慮しておかなければなりません。
また、施術を受けた後しばらくはダウンタイムが必要です。ダウンタイムとは、日常生活に戻るまでにかかる時間のことですが、脂肪吸引の場合には数週間のダウンタイムが必要なこともあります。そのため、仕事を休んだり日常生活に支障をきたすことがあるということも念頭においておきましょう。余裕のあるスケジュールで施術を受けることが大切です。
その他にも、費用が高いというのもデメリットの一つだといえるでしょう。美容外科での施術の多くは、健康保険が適用されず全て自費での支払いになります。脂肪吸引の施術も例外ではないため、数十万円の費用が必要です。

密かにブーム!「ハーブ注射」が人気!

「脂肪吸引や脂肪溶解注射は少し不安……」という方にお薦めなのが「ハーブ注射」という施術です。天然由来の薬液を注射するだけの、事故や副作用の危険性がない施術なのでじわじわと人気を集めています。価格が安いことも魅力の一つ。ハーブ注射で手軽に安全に痩せてみてはどうでしょうか︖

ハーブ注射をもっと知る
美容外科でできるダイエット
脂肪吸引とは、痩せたい部分の脂肪細胞をカニューレという管を使って吸引する施術です。一度施術を受ければ、リバウンドせずに確実に痩せることが可能な技術です。
脂肪吸引では、おなかや二の腕、太もも、お尻、背中などあらゆる部位に対する集中的な施術が可能です。部分痩せをしたいという人には最適な方法だといえます。
脂肪吸引は、ダイエットに挑戦するも痩せたりリバウンドしたりを繰り返している方に向いています。また、部分痩せでプロポーションをよくしたいという方にも最適です。
脂肪吸引では、カニューレを挿入し、脂肪を柔らかくする効果と止血効果のある麻酔を用いながら皮下脂肪を吸引していきます。吸引の際に超音波やジェット水流を用いる方法もあります。
脂肪吸引は、確実に痩せたい方や大幅な体重減少を可能にしてくれます。しかし、体への負担や術後の腫れや痛みといったリスクも伴う施術です。また、術後のダウンタイムも必要になります。
脂肪吸引よりも手軽に受けられるダイエット施術として、メソセラピーやエンダモロジー、イタリアンシェイプなど、皮膚を傷つけずに手軽に受けられる施術もたくさんあります。
ダイエットに『よく効く』おすすめ美容外科in神戸
美容外科を選ぶポイント
美容外科でダイエット 体験談
美容プチコラム
ダイエットはしたいけれど、運動やエクササイズをする時間がない……そんな人には、「ながらダイエット」がおすすめです。特に、効果が高いのは、朝に行うながらダイエットです。朝起きてから、学校や会社に行くまでの時間をダイエットのための時間にあてましょう。まずは、歯磨きの時間に、足をほっそりさせるためのエクササイズを。歯磨きの3分ほどの時間を使って、ふくらはぎや足首を鍛えます。肩幅に足を開き、かかとを持ち上げてつま先立ちになる運動をするだけです。腹筋と背筋を意識しながら、全身を上に持ち上げるようなイメージで。もう一つは、家から駅まで、駅から会社や学校までの徒歩の時間を利用したエクササイズです。腰を同じ高さに保つようにして、かかとから着地しつま先を蹴りだすようなイメージで歩きましょう。腕はしっかり振って、姿勢を良く。ダラダラ歩くなんてもってほのかです。少し意識を変えて歩くだけで、いつもの通勤時間や通学時間がダイエットタイムになります。